キャンプでおすすめのコップは?みんなは何使ってる?

おすすめ

皆さん色々な思いで自然を満喫するためにキャンプに出掛けます。

キャンプ場に到着してからは慌ただしく準備が進んでいき、食事を済ませてからある程度落ち着いてくると、椅子に座って自然を感じながら、のんびりとリラックスした最高の時間を過ごすかと思います。

特にソロキャンプや、少人数キャンプであればリラックスタイムは長く確保できるのではないでしょうか。

自然の中で普段の生活を忘れたコーヒーブレイクは、本当に贅沢な時間であり、キャンプの魅力でもあります。

その時に絶対に必要になってくるのが、マグカップのような飲み物を更に美味しくしてくれる「コップ」です。

自然の中でリラックスした気分の中で、オシャレなコップで楽しむコーヒーブレイクは、最高の気分を味わえて格別な時間となります。

そこで今回は、キャンプで持って行きたいお勧めのコップを紹介していきます。

キャンプでは、どんなコップが良いか

キャンプ用のコップ選びのポイントには、キャンプ道具選びではお馴染み「軽い」「収納」「丈夫の条件の他にも「保温、保冷」に優れたコップを選ぶ必要があります。

この保温、保冷機能が高いコップを選ぶ事が、1番大事な条件と言えるかもしれません。

暖かい飲み物が冷めてしまう事も、また冷たい飲み物がぬるくなってしまう事も、せっかくの飲み物が不味くなったしまい、どちらも嫌だと思います。

長時間温度を保ってくれるコップを選べば、飲み物の美味しさを長時間キープしてくれますので、保温性の高いコップを選んでください。

コップ本来の呼び方としては、取っ手の無いコップを「マグ」と言い、取っ手の付いているコップを「マグカップ」と言います。

キャンプに出掛ける方達には、マグカップのほうが人気が高いように思いますが、それぞれ自分が気に入ったコップやマグカップで、思い思いのティータイムを楽しんでおります。

マグカップの他にも、保温性の優れている取っ手の無い「マグ」の中に、予め自分で作った飲み物を入れておき、それを携帯して持って行くような、いわゆる水筒スタイルのマグもあります。

コップ素材

キャンプに持っていくコップでは、アルミ、ステンレス、チタン製のコップが人気です。

綺麗に収納して持っていく人もいれば、ソロキャンプの人はコップの持ち手をリュックに引っ掛けて、何となくワイルドに持っていく人もいます。

コップには、持ち方や機能等それぞれ特徴がありますので、自分が気に入った素材のコップを選んで、使いやすく飲みやすいサイズのコップを選んでください。

そこでコップ素材の特徴と、お勧めのコップ、マグカップを紹介したいと思います。

アルミ、ステンレス

比較的安く購入できますし、軽い素材なので持ち運びしやすいです。

加工しやすい素材なので、オシャレなデザインのコップが多くあります。

どちらも保温性はあまり期待できなく、耐久性もそれほど高くは無いです。

2重構造になっているステンレスコップであれば、保温機能は高くなっています。

サーモス 真空断熱マグカップ ステンレス 350ml

真空構造で断熱性も高く、蓋もついているので更に保温性が高くなっている「ステンレスマグカップ」です。

持ち手の構造が持ちやすく軽いマグカップなので、キャンプは勿論、普段の生活のどちらでも使えます。

1280円。

グッドプラス (GoodPlus+) 真空断熱 ステンレス タンブラー エアゼロ 370mm

こちらは真空断熱のステンレス製の「タンブラー」です。

蓋もついて保温性が高く、タンブラー自体が細く持ちやすいですが、細くなっている分、不安定な場所が多いキャンプの時は、倒してしまう事が多くなる可能性もあり、壊さないように注意する必要があります。

マグカップというよりは、水筒のようなステンレス魔法瓶のような存在です。

1980円。

チタン製

軽く保温性も高く、耐久性にも優れているのがチタン製コップです。

直火で温め直すことも出来て、キャンプ好きには広く愛されている人気素材です。

構造が「ダブル構造」になっている場合は、直火は出来ませんので注意が必要です。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ

キャンプ有名ブランド「スノーピーク」のマグカップです。

一枚のプレートから職人が加工して作ってますので、高い耐久性と保温性を実現したマグカップです。

持ち手が折りたためるので、スタッキングも高くキャンプ向きです。

高機能なマグカップなので3590円と値段も高めです。

WAQ チタンマグカップ 450ml (蓋付き) 

持ち手は折りたためる構造になっていて、直火も出来て大容量450mmのマグカップです。

熱伝導率が低いので安心して飲めて、内側には目盛が付いているのでクッカーとしても使えます。

これだけの高機能で2980円とかなりお買い得です。

ホーロー

表面にガラスを焼き付けてるので臭い移りしにくく、お手入れも比較的簡単です。

熱伝導率は低く火傷の心配も少ないですが、衝撃には弱いのでキャンプには少し向いていない素材かもしれません。

オシャレなデザインも豊富で人気は高いです。

キャプテンスタッグ BBQ用 ホーローマグカップ

アウトドアメーカーが作っているので、高い耐久性を持ったホーローマグカップです。

丸いフォルムが可愛いいのが特徴で、ホットでもアイスでもどちらの飲み物にも対応した、保温、保冷に優れたマグカップで、大容量の400mlサイズです。

980円。

まとめ

小さい子供と行く家族キャンプでは、なかなかリラックスする時間は無いと思いますが、大人だけのソロキャンプであれば、リラックスする時間は多く確保できるかと思います。

リラックスしながら、自然の中で楽しむティータイムほど贅沢な時間はありまえん。

きっと有名カフェ店よりも、美味しいコーヒーやお茶が飲めるはずです。

キャンプ用のマグカップは少し高いかもしれませんが、オシャレなコップが多く普段から使える物も多いので、キャンプだけではなく普段でも使えるような、お気に入りのコップを選んでください。

料理の皿と同じように、良いコップには飲み物を美味しくする力があります。

そんなコップを使えば、贅沢な時間を過ごせる事は間違いありません。

ぜひお気に入りのコップを見つけて、贅沢な時間を過ごしてみてください。

最後まで御覧頂き、ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました