キャンプで持っていきたい、おすすめフォークとナイフは?【調理編】

ギア

皆さんにとってキャンプで一番の楽しみといえば、やっぱり自然の中で『キャンプ飯』ではないでしょうか?

食事の時間が楽しみだという事は、自宅にいる時でも旅行に行った時でも、共通な楽しみだと思います。

美味しいキャンプ料理を楽しむために、少しでも調理がしやすくなるよう「バーナー」「コンロ」などの道具を調べたり、もっとキャンプらしくするため「ダッチオーブン」を揃えたりと、少しでも「楽しく」そして「美味しく」キャンプ飯を作れるよう、皆さん『調理道具』にはこだわって選んでいたと思います。

しかし美味しく料理を作る事には気を使ってしましたが、そのせっかく作った料理を「食べる道具」には特にこだわってこなかったのではないでしょうか?

いわゆる料理を食べるための『カトラリー』も揃えれば、雰囲気もよくなり料理を一層引き立ててくらます。

今カッコ良く『カトラリー』なんて言いましたが、カトラリーとはフォーク・ナイフ.・皿・はし・等々の料理を食べるための道具を「総称」した呼び方であります。

キャンプの時でもフォーク、ナイフ等の「カトラリー」にこだわって、オシャレにキャンプ飯を楽んで、大人のキャンプを楽しめるよう、この記事ではカトラリーの紹介をしていきたいと思います。

オシャレなカトラリーで食べる料理は、何故か美味しくなる

皆さん今までのキャンプでは、料理を美味しく作る事にこだわっていたと思いますが、食べる時にはフォーク、ナイフは使わず、簡単に『紙皿』『割り箸』等で食べてはいなかったでしょうか?

確かに手頃に用意できるし、「最後に使い終わった後は燃やせば良いか」位の感じではないでしょうか?

しかし強風により紙皿が飛んでいってしまったり、ゴミにもなってしまうので自然を楽しむキャンプにゴミは少しでも控えたいですし、食べていても何となく料理が物足りない気もしていたかと思います。

やはり折角のキャンプですから紙皿とかで食べるのではなく、自分で選んで気に入ったカトラリーで食べる事により、料理も何故か口当たりが良くなり美味しくなりますし、食卓の雰囲気も良くなりますので、更に楽しくキャンプ飯が楽しめるかと思います。

カトラリーの魅力は、既に美味しく完成された料理であっても、更に美味しくする力(ちから)があり、その力こそカトラリーを使う最大の目的であります。

カトラリー選びポイント

長く使いたいカトラリー選びですので、慎重に選んでいきたいと思います。

フォーク、やナイフは直接食べる訳ではないですが、口に入れる物ですから口当たりの良さは重要かと思います。

しかし購入前のフォーク、ナイフを口に入れて確認する訳にもいかないので、ある程度のブランドがある商品を選ぶ事がいいかと思います。

ブランドの確率された商品は、しっかり研磨されていています。

高級なカトラリーになると一本一本職人が仕上げており、そのフォーク、ナイフは全く金属の味を感じることなく、料理の邪魔をする事はありません。

しかしその分値段は高くなりますが安心して使用する事ができます。

そして他にも使いやすいカトラリーのポイントとして、自分の身体に合ったサイズを選ぶ事も大事なポイントになります。

長すぎたり少し重かったりするだけで、そのカトラリーで快適に使う事はできませんので、購入する時には実際に手を触れて購入する事をお勧めします。

いくら素材が良くても、自分の身体に合わず扱いにくかったら、とても料理を楽しめる事はできないと思います。

カトラリー素材の種類

色々な素材のカトラリーがあり最高級な『純銀性』のスプーン、ナイフを買えば良いと思いますが、しかし値段が高く、とてもキャンプで持っていくような品物ではないと思いますし、それだけでは皆さんに有益な情報を伝えた事にはならないので、その他のカトラリー素材を紹介したいと思います。

アルミ製

金属素材で出来ているカトラリーの中では、比較的軽く値段も安いです。

少し強度が劣るので、やや厚みのある商品がお勧めです。

熱伝導率が高く小さい子供は注意が必要です。

ステンレス製

丈夫で錆に強い。

耐熱性が高く、熱伝導率は低いので初心者向きだと思います。

チタン製

軽くて丈夫で、熱伝導率も低いため、誰でも安心して使用出来ます。

しかし値段が高価な物が多い。

木製

軽く持ち運びやすく値段も安く、キャンプの雰囲気にも合うかと思います。

しかし強度が弱いので、金属を少し使用した木製カトラリーを選べば強度も上がります。

100均ショップでも買える

キャンプに行く時には、割り箸や紙皿ではないカトラリーをお勧めしましたが、「家族分を揃えるのは大変だ」という方には100円ショップでの購入をお勧めします。

「ダイソー」や「セリア」のお馴染みの100円ショップには、オシャレなカトラリーが揃っていますので「これが100円!」と思ってしまう程の、高級店に負けない高級っぽい?カトラリーが多く揃ってます。

キャンプの雰囲気にあう、オシャレな木製皿も揃ってますので、折角なので割り箸、紙皿ではなく100円ショップカトラリーも使ってみて下さい。

テーブルクロス、ランチョンマット、コースター、そしてカトラリーの全てを100円ショップで揃えても、オシャレな食卓になる事は間違いありません。

まとめ

食卓をオシャレに彩るカトラリーは、本当に料理を美味しくするし、楽しい気持ちにもさせてくれます。

割り箸、紙皿でも良いのですが、やっぱりオシャレなフォーク、ナイフ、スプーンを使ってキャンプ料理を楽しんで頂きたいと思います。

高級カトラリーでも100円ショップカトラリーでも、自分のスタイルにあったカトラリーでキャンプ料理を楽しんで頂きたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました