キャンプお勧めハンモック、テントのメリット・デメリット

ギア

泊まりキャンプの定番といえば、皆さんはやっぱり「テント」を思い浮かべるかと思いまずが、テント以外でも木に吊るしたハンモックを利用した、「ハンモック泊」キャンプも人気が高まってきております。

木に吊るした「ハンモック」はテレビでは見る事はありますが、実際にハンモックを経験している人は少ないと思います。

何度かキャンプに行っている人は、自分のキャンプスタイルが確立されている事もあり、なかなかハンモック泊に憧れがあっても、ハンモックをチョイスできないようです。

上級キャンパーの皆さんでも、ハンモックを利用する事に少し抵抗がありますので、キャンプ初心者の皆さんであれば、尚更ハンモックを使う事が大変になってくるかと思います。

そして、この記事では良く見たり聞いたりする「ハンモック」ですが、知ってるようで実際にはハンモックの事がよくわからない。

そう感じている方々に向けて、ハンモックとはどんな道具なのかを皆さんに紹介すると共に、お勧めのハンモックを紹介すると共に、お勧めのテントを一緒に紹介したいと思います。

ハンモックの特徴

ゆらゆらと揺れるハンモックですが、その心地よい揺れですが、何故かとても気持ちよくて、まるで大人になった自分が、赤ちゃんの頃を思い出しているのではないかと、大袈裟ですがそのように感じてしまうほどです。

ハンモックにも当然メリット、デメリットがありますので、ここにハンモックのメリット、デメリットを纏めましたので、ここで紹介させていただきます。

ハンモック(メリット)

・設置、撤収が簡単で収納時も小さくなり、普段使っていない時でも邪魔にならない。

・テントは平面の地面に設営しなければなりませんが、ハンモックは平面以外の傾斜の地面でも関係なく設置できる。

・木に吊るす事で地面からの距離が長くなるので、冬の冷たい地面からの冷気を感じにくくなる。

・外で寝る事ができるので、自然をダイレクトに感じながら寝る事ができる。

・ハンモック泊であれば、テントとマットが不用になるので荷物が少なくて済む。

・低く吊るしてたら椅子にもなるし、簡単なブランコとして遊べる。

ハンモック(デメリット)

・木がないと設置できないので、設置出来る場所が限られてしまう。(事前に遊びに行くキャンプ場に、ハンモックが設置できる木があるのかを、確かめる必要がある)

・腰が曲がっている状態で寝るので、寝返りが打ちにくく寝心地が悪い。

・壁が無いのでプライベートの確保が難しく、防犯的にも問題がある。

・強い雨に弱い。(タープと組み合わせる事で雨対策になります。)

テントの特徴

テントの事はある程度皆さんご存知かと思いますが、改めてテント特徴を確認していただき、テント選びの参考にしていただきたいと思います。

テント泊(メリット)

・キャンプ泊の中でも、居住性が高くプライベートも確保されるので、安心してキャンプを楽しめる。

・雨や風に強いので、悪天候でも安心できる。

テント(デメリット)

・設置、撤収に時間がかかり、収納時も大きいので普段は邪魔になってしまう。

お勧めハンモック

HAVENテント

通常のハンモックは、寝ている時に腰が沈んでしまって、どうしても腰に負担が掛かってしまいますが、そのハンモックの弱点を克服して、フルフラットの状態にできる世界初のハンモックです。

ハンモックの中はかな広くなっていて、身体の大きな人でも、このハンモックであれば充分にくつろぐ事ができます。

蚊帳もセットになっているので、木が無い場所でもテントとして使う事ができるので、ハンモックとテントの機能の両方を兼ね揃えています。

あまりにも高機能なハンモックですが、値段が定価59980円とかなり高く、しかも予約販売でしか購入できない状態です。

D Dフロントライン ハンモック

中は広く丈夫な生地素材で作られていて、ほぼフラットな状態で快適に寝る事ができます。

オプションで売られているストラップを購入すれば、細かい調節ができて更に快適に過ごせるかと思いますので、一緒にストラップも是非購入して下さい。

安心な有名ハンモックメーカーで製造されてますので、日本正規品であれば2年〜5年の修理補償も付いて安心です。

ハンモック、テント まとめ

ハンモック、テントの魅力をお伝えしていきまきたが、テントと違ってハンモックは馴染みが薄いかと思いますが、少しは理解していただけたのではないでしょうか。

この記事では高級ハンモックを紹介しましたが、安いハンモックであれば3000円程度で購入できますので、昼寝程度あれば安いハンモックでも快適に寝れると思います。

しかしハンモックに慣れていない人が、いきなり一晩ハンモックで寝るというのは、かなり大変かと思いますので、余程自身がある方であれば問題ないと思いますが、自身が無い方は一度お店で、ハンモックを体験してみるのも良いかと思います。

安いハンモックというのは昼寝をする時や、低く吊るして椅子代わりに利用しても良いですし、ハンモックの揺れがちょうど良い「ブランコ」になりますので、キャンプ場の子供の遊具として購入するのもいいかと思います。

川遊びやバーベキューも楽しいですが、自然の中でのブランコは特別な遊びになるのではないでしょうか。

キャンプはテントで寝る事だけではなく、ハンモックで寝るキャンプもある事を皆さん知っていただき、テントでもハンモックでも何でもいいので、自分達の思い描くキャンプを楽しんで下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました