キャンプ薪割りにおすすめなナイフ!【怪我なく効率的に】

ギア

キャンプ中の「火」の役割といえば、「調理」「焚き火」「暖を取る」と言ったキャンプ中のメインと呼べる行動ばかりで、それ程キャンプにとって「火」というのは絶対に必要な存在であり、欠かす事はできない程キャンプでは重要な存在であります。

そんなキャンプで大きな存在の火でありますが、現在では誰でも炭と着火剤さえあれば、簡単に火を起こせる事ができてしまいます。

しかし、そんなに簡単に火が着いてしまうのは、何となく味気ない気がするし、物足りない気もすると思います。

そんな贅沢な悩みを感じてしまった人は、自分自身のキャンパーとしてのレベルが、ワンランク上がった証拠と言えます。

日常の便利な生活の事を忘れて、敢えて不便を感じながら、その不便を楽しみに行く事がキャンプです。

普段は火の燃料に便利な「炭」を使ってますが、それでは物足りないと感じた方な、敢えて火の燃料に「薪」を使って、その薪をナイフで割っていき火の燃料を貯めていく。

そんな大変そうな事を、敢えて挑戦していくのもキャンプの醍醐味でありあります。

自分で割った薪が、少しづつ積み上がっていくことを想像しただけで、何かワクワクしてワイルド感が溢れきます。

買ってきた炭を、そのまま使うのもいいですが、薪を割って火の燃料にすれば、普段との違いに子供達も喜びますし、自己満足できる事は間違いないです。

そこで今回この記事では、薪割りに使うお勧め「ナイフ」を紹介したいと思います。

ナイフの役割

キャンプ初心者の頃に、ナイフを持っていく事は無いと思いますが、キャンプ中級者レベルになってくると、枝を切ったり薪を割ったり、食材を切ったりする調理までもナイフ1本で行います。

何度かキャンプに行く事でナイフを使うようになって、自分好みのキャンプスタイルを確立していきます。


今回この記事では、斧を使って大きな丸太を割っていくような薪割りはなく、ホームセンター等に販売されていて、既に割られているサイズで、片手で持てる程度の大きさになっている薪を、ナイフで更に小さくしていく作業の、「バトニング」や「フェザースティック」を紹介します。

バトニング

片手で持てる程の大きさになった薪を、更に小さく割っていきます。

【用意する物】 ・切り株のような作業台 ・ナイフ ・手袋(グローブ)

①周囲の安全を確認して、作業台の上に薪を置きナイフの刃先を薪に当てる。

薪に当てたナイフに、もう一方の手で持った薪かハンマーを使って、薪に当てたナイフを叩きナイフを薪に食い込ませる。

★この時絶対にナイフを振り上げない。ナイフは薪に当てがうだけにする。

②薪に半分以上ナイフが入ったら、手で裂いていく。

★バトニング用のナイフは、最低でもナイフの刃幅が4mm以上のナイフを選んでください。

フェザースティック

バトニングで割った薪を更に燃えやすく、薄く削っていく作業です。

主に薪の先端部分を削る。

着火剤のような役割があります。

★薄く削っていくフェザースティックになると刃幅2.5mm位のナイフがやり易く、刃幅が厚いナイフでは薄く削ることは難しくなり、反対に刃幅の薄いナイフでは、バトニングは厳しく破損しやすくなります。

★ナイフはバトニング用とフェザースティック用、計2本のナイフを用意する事がベストだと思います。

キャンプ、ナイフ持ち運び方

キャンプで使うためのナイフですが、しかしナイフの使い方を誤ってしまえば、とても危険な物になるため、ナイフの持ち運びにも注意が必要になります。

特に小さい子供がいる家庭では、子供の手が届かない場所に保管しなければなりませんが、意味もなく持っていると、警察のお世話になってしまう可能性もあります。

銃刀法

日本では治安を守るために「正当な理由が無い人」が、銃の所持や刃渡り「6cm以上」の「ナイフ」を持つ事を禁止した法律があります。

「じゃあキャンプにナイフを持って聞けないじゃないか!」と思った方もいると思いますが、安心してください。

 皆さんにはキャンプに行くという「正当な理由」がありますので、問題なくナイフを持ってキャンプに行く事ができます。

しかし注意して持って行かなければ、警察のお世話になってしまう可能性があります。

①ナイフは必ずケースに収納して、調理器具等の他の道具と一緒にして、なるべく取り出しにくい場所にしまってください。

②直ぐに取り出す事ができるグローブボックスに、ナイフをしまっておかない。

直ぐに取り出せる場所に保管している時に、警察官からの職務質問されたら疑われる事は当たり前です。

職務質問されれば、警察官からの疑いが晴れるまでは解放してくれません。

こんな事で、楽しいキャンプに行くのが遅くなってしまうのは、とても勿体ない事だと思いますので、ナイフを持っていく人は、最初から疑われない行動をする必要があります。

又、キャンプから帰って片ずけるのが面倒になってしまったり、うっかり忘れてしまったりと、車の中にナイフを入れたままにしているのは、正当な理由で所持している事にならないので、見つかれば逮捕される可能性があります。

ルールを守れない人が増えてきたら、他のキャンパーのイメージが悪くなってきますので、キャンプから帰ってきたら必ず自宅で保管するようにしてください。

お勧め、ナイフ

モーラ・ナイフ

長くキャンプ好きの人達に愛されている、スウェーデン産のナイフです。

切れ味抜群で、軽くて持ちやすいので扱いやすく、刃幅2.5mmなのでフェザースティックには最適です。

 NedFoss ハンティングナイフ

美しい形のナイフで、しかも人間工学に基づき加工されてるので、握りやすくハンドル先端に穴紐があるので、紐を通せば紛失防止にもなります。

刃幅5mmあるので、バトニング向きです。

まとめ

薪割りは大変に見えるかもしれませんが、以外に楽しく薪が割れる時の爽快感は体験した人しか味わえません。

バトニングやフェザースティックには、それぞれ使いやすいナイフを使って、必ず手袋を忘れずに怪我の防止に努めて、周囲を確認して安全に行ってください。

安全に楽しめば疲れはしますが、薪割り程楽しい事は無いかと思います。

初心者の頃とは少し違う、レベルアップしたキャンプを是非楽しんでください。

最後まで御覧頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました