キャンプおすすめの薪ストーブ【万能に使えて便利】

初心者

キャンプというのは山で楽しむ事が多いと思いますが、暖かい季節に行くキャンプと違って、それが冬キャンプとなれば、当然ながら山の気温は普段生活している町中よりも気温は低くなりますので、冬のに出かける冬キャンプでの寒さ対策には万全に備える事が必要になってきます。

そんな山の寒い冬キャンプを過ごす時に、テントの中をを暖かくしてくれる「ストーブ」は、キャンプ生活に欠かせないアイテムの1つであります。

そして今回は数あるストーブの種類の中でも、何となくキャンプ上級者が使っているイメージがあり、キャンプ初心者には1番難易度が高そうに感じてしまう「薪ストーブ」を紹介します。

せっかくキャンプに行くのですから、ダイレクトに火を感じる事ができて、キャンプらしさを1番感じる事ができる「薪ストーブ」の事を少しでも皆さんに知っていただき、普段の生活では絶対に味わえない、そんなキャンプを楽しんでいただけたらと思います。

薪ストーブの特徴

①薪が燃料

名前が薪ストーブと言うので、当然ながら薪がない事には暖まる事ができません。

薪が燃える熱によってテントの中が温められますが、その暖房レベルはかなり高いです。

そして薪が燃える所を直接眺めながら温まる事ができるので、キャンプらしさやキャンプの醍醐味を特に感じる事ができるのが、薪ストーブではないでしょうか。

②暖房以外にも「調理」もできる

薪ストーブの上部が広くなっているので、鍋やフライパン等の色々な調理器具を置く事ができるので、薪ストーブの強い火力で幅広い調理ができます。

またストーブ上部の蓋を開ければ、直火での調理も可能になるので、かまど炊きご飯も可能になります。

煙突部分に「パイプオーブン」を設置すれば、オーブンを使った料理ができるようになりますので、キャンプでパンを焼いたりと色々な料理を楽しむ事ができます。

しかしパイプオーブンは弱冠掃除がしにくいという欠点もありますので、購入時は店員さんと相談するか自分でよく調べるようお願いします。

③煙突がある 

薪が燃える煙を逃がす必要がありますので、当然ながら煙突は必要になります。

薪が燃えた事を確認してから、ストーブの蓋を閉めれば煙突から煙が出てきますが、煙突からでる煙の雰囲気はキャンプならではの光景であります。

薪ストーブ注意点

煙突部分を長くする

ストーブ内で薪が燃えてますので、その燃えている薪の部分から熱を放出していると思いますが、さらに煙突部分からの熱が放射状にテント内に広がっていき温めるいますので、テント内の煙突部分をなるべく長くする必要があります。

煙突が長いほうが温かいので、テント内で薪ストーブを使う時はなるべく天井が高いテントを利用することをお勧めします。

煙突用の穴は後から自分でテントに開ける方法もありますが、自分でテントに穴を開ける作業は何となく心配でもありますし、失敗すると取り返しのつかない事になりますので、最初から煙突用の穴が用意されているテントを購入する事をお勧めします。

一酸化炭素に注意する

自分が気づかず、知らない間に意識を失ってしまう一酸化炭素中毒はとても危険です。

テント内で薪ストーブを含めて暖房器具を使う時は、自分や家族の命を守るために一酸化炭素チェッカーは必ず用意して、テントの換気も忘れずに必ず行って下さい。

よくある間違いでチェッカーを低い位置にセットする人もいますが、暖かい空気である一酸化炭素は上に流れますので、自分の頭より少し高めの位置にセットするほうが効果的です。

そして前回の使用から1年以上経過していると、故障している可能性もありますので、キャンプに行く前にチェッカーが故障していないか必ず確認してください。

薪の種類

燃料である薪の種類も色々とありますので、薪それぞれの特徴を理解して薪を選んでください。

水分量が少ない(20%以下)薪のほうが着火も早いし、煤(すす)も少ないので、煙突の汚れも少なくする事ができます。

針葉樹

ヒノキ、マツ、スギを原料にしていて、すぐに着火して火力も強いが、燃え尽きるのも早い

広葉樹

ナラ、ケヤキ、サクラを原料にしていて、着火に時間がかかるが、火は長持ちするし火加減の調整もしやすい。

★個人的には最初の着火時に、燃えやすい針葉樹を使ってある程度燃やして、その後に広葉樹を使って燃やすのが良いかと思います。

おすすめ薪ストーブ

テンマクデザイン ウッドストーブサイドビューMサイズ

薪ストーブの特徴を紹介してきましたが、この薪ストーブは火を直接見ることが出来るし、比較的設置も簡単なストーブであります。

ストーブ上部は広いのでラクに調理ができますし、蓋を開ければ直火焼きやカマド焚きも出来る素晴らしいストーブです。

全体的に優れているストーブかと思いますが、値段が約5万円しますので購入には勇気が必要になりますが、家族とよく相談して購入してください。

薪ストーブ まとめ

せっかくのキャンプですから暖を取る事だけですが、そんな事にもこだわって楽しむのもいいかと思います。

やっぱり火が直接燃えている光景は、何とも言えない特別な雰囲気を楽しめますし、薪ストーブがあれば調味の時にバーナーも使うことで調味スピードが2倍になります。

薪ストーブがあれば、キャンプの楽しさがアップする事は間違いないでしょう。

使用する時に一酸化炭素中毒には充分注意して、薪ストーブを使ったキャンプをお楽しみください。

最後まで御覧頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました