冬キャンプでのマット選びはどうするの?【寒さ対策】

ギア

冬キャンプの良い所は、夜の星空がとても綺麗でキャンプ中の天敵といえる「虫」もいないので、虫嫌いな人には、虫が居ないというだけで行く価値があるのではないでしょうか。

魅力が多い冬キャンプの中で、これは嫌だな〜と思う所は、やっぱりば「寒い」という事に尽きます。

しかし現代人は、常に温かい環境で暮らしているので、寒い体験は『冬キャンプ』を経験しないと、寒い空間を楽しむことができなく、寒さを楽しめるという事も、冬キャンプの魅力ではないでしょうか。

冬の山を過すための対策として、服装に気をつけるのは当たり前なので、皆さんもしっかりと対策をすると思います。

しかし以外にもテントで寝る時に使用する『マット』の事までの冬対策は、特に考える事なくキャンプに出掛けようとしていたのではないでしょうか。

テントで寝る時は、冷たい地面からの冷気をしっかり遮断しないと、いくら暖かい「寝袋・シュラフ」を用意していても、地面からの冷たい冷気が寝袋内にドンドン入ってきて、とても寒い夜を過ごさなければなりません。

寝袋や毛布の必要性は何となく理解していても、以外にもマットの重要性はあまり考えていなっかったのではないでしょうか。

今回、この記事ではマットの役割や種類等を理解して頂き、自分に合ったマット選びの参考にして頂きたいと思います。

マットの役割

固い地面でも快適に寝る

キャンプ場では全ての場所が、柔らかく平面な地面になっているのではなく、固く凸凹した場所が多く、そんな場所であっても寝床を作って寝なければなりません。

しかし凸凹した場所であっても、クッションの役割を果たしてくれる「マット」があれば、固い地面でも安心して眠る事ができますの。

冬の冷たい地面からの冷気を遮断する

キャンプ場の凸凹した固い地面だけではなく、冬の寒さでかなりキンキンに冷えてしまった、地面からの冷気が寝袋・シュラフ越しに伝わってきますので、寒くてとても寝られる状態ではありません。

そんな時でも、地面の冷気を遮断してくれる断熱性の高いマットがあれば、冷たい冷気を遮断してくれて、快適な眠りができる事は間違いありません。

マットの種類

テントでの寝床の詳細は、地面が一番下と考えると、「地面」→「テントのシート」→『マット』→「寝袋」の順番になります。

更に寝袋の下にブランケットを敷いたりする場合もあり、良い寝床作りにマットは不可欠であり、キャンプ場で寝袋だけも持っていって、快適な睡眠はほぼ不可能と言えるので、マット選びは重要になってきます。

以下では、マットの素材を紹介していきます。

ウレタンマット

発泡材を利用したマットで断熱性、収納、クッション性にも優れていています。

値段も安い物から高価な物まで幅広くあり、値段が安くても自分に合ったウレタンマットを見つける事が大事であり、自分が気に入ってマットは、長くそ使用し続ける事程、愛着も湧いてきます。

銀マット

よく見かけるマットなので、知らない人は居ないと思います。

丸める事ができるので、収納や持ち運びに優れています。

断熱性もそこそこあり値段も安く、ホームセンターでも購入できますが、クッション性が弱いので、ウレタンマットと一緒に使用すると効果的です。

エアーマット

マットに空気入れて自分好みの硬さに調整できますが、ポンプやエア注入器を使用しなければならないので、その分手間がかかります。

収納、断熱性に優れ、快適な眠りは間違いないので、特に寝心地を重視したい方にお勧めです。

バルブを開いて半自動で空気を入れるインフレーターマット(エア注入式マット)や、自分で口から空気を吹き込むタイプと様々なです。

稀に目には見えない程度の穴が空いていて、少しずつ空気が抜けてしまい、朝起きて気が付くと、ほぼ地面の硬さで寝ている事に驚きます。

硬い所で寝てしまった事で、腰痛になってしまう場合もありますので注意してください。

キャンプお勧めマット

サーマレスト アウトドアマットレス トレイルスカウト

自動に空気が入るので簡単に寝床が作れます。

重量も400gと軽量で、収納時サイズは長さ28センチ、幅12センチ。

断熱性が高く値段も7千円代で購入できるので、お買い得かと思います。

他にも同じシリーズで『プロライト』『EVOライト』とありますが、かなりの高性能で値段も高くなります。

コールマン キャンパーインフレーターマット シングルⅢ

アウトドアグッズの定番ブランドのコールマンの商品で、厚さは5㎝のウレタン素材でできた快適なマットレスです。

収納袋を使って空気を入れる事もできるので、自動での膨らみだけでは空気が足りないと感じた場合は、迷わず空気を入れてください。

好みで調整した事で快適な眠りができます。

もう1セット購入すれば連結する事ができるので、家族で使用する方に便利だと思います。

収納時の長さが70㎝あり、少し大きいので車でキャンプに出掛ける人向けかと思います。

こちらも1万円以下で購入できます。

ダンロップ エアマット

厚さ5㎝のポリエステル素材のマットで、クッション性は抜群ですが、少し断熱性が弱いと感じるかもしれませんので、他のマットと組み合わせる事をお勧めします。

収納時サイズが長さ34㎝と抜群です

こちらも1万円以下で購入できます。

冬キャンプマット選びまとめ

地面からの冷気を遮断し、快適な寝床を作るために絶対に必要なマットですが、キャンプは季節に関係なく1年中楽しむ事ができます。

その分多くのキャンプ道具が必要になりますが、その中でも欠かす事のできないアイテムは多数あります。

その多くのキャンプ道具の中でも、テントはかなり上位にランクされるキャンプアイテムではないでしょうか。 

自然の中で美味しい料理、綺麗な星空、皆んなとの楽しい会話と、最高に楽しいキャンプを過ごしても、最後の寝る時の寝心地が悪く、不愉快な気分になってしまえば、その日のキャンプは全て台無しになってしまいます。

私自身も適当に薄いマットを選んでしまい、硬い床で寝るハメになった時は最悪な寝心地で、全く疲れが取れなかった思い出があります。

自分に合ったマットは、キャンプでの寝心地を左右しますので、その日に全く寝る事ができなければ、せっかく楽しいキャンプに出掛けても疲れた思い出しか残らず、楽しい思い出は無く2度とキャンプに行かなくなってしまう可能性もあります。

反対に自然の中で快適な眠りができたら、更に気分はスッキリして最高なキャンプになります。

快適な眠りを実現するため、必ずマットを購入する時は自分の目で確かめて、そして実際に触れて感触をしっかり確認して、お気に入りマットを選んで下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました