キャンプに持っていきたいお箸セットのおすすめ!

初心者

キャンプで楽しみな「キャンプ飯」ですが、やっぱりキャンプの時の人気料理といえば、バーベキューを中心とした「肉料理」が定番かと思います。

しかし何度かキャンプに出掛けていけば、肉料理以外も楽しみたくなると思います。

ラーメン、うどん、素麵(そうめん)のような麵類もいいですし、ダッチオーブンで炊いた「ご飯」「パエリア」等のご飯物もキャンプでは欠かせない料理と言えます。

肉料理を食べる時には「フォーク」「ナイフ」を使って食べるのもいいかと思いますが、麵類やご飯を食べる時には、日本人であれば「箸」を使って食べてみるのもいいかと思います。

せっかく箸を使って食べる文化を持つ国で生活しているのですから、個人の自由ですはありますが、キャンプの時でも箸を使って食べてほしいですし、箸を使わなければ勿体ないと思います。

そこで今回この記事では、キャンプに持っていきたい、お勧めの『箸』を皆さんに紹介していきたいと思います。

キャンプではどんな『箸』がいいのか

割り箸ではなく、何度でも洗って使う事ができる『箸』は、自然や環境にも優しく、キャンプに出掛ける人であれば、是非持って行って欲しいアイテムの一つであります。

ではキャンプに持っていきたい『箸』はどんな箸がいいのでしょうか。

収納力がある

荷物をなるべく少なくして、小さく持っていきたいキャンプには「折りたためたり」「分解」できる収納に優れた箸がいいかと思います。

出来れば収納ケースに入れて、持っていく時に箸が破損する事を防いぎ、更に収納ケースには「カラビナ」等の金具を取り付けて紛失防止に努めるのがいいかと思います。

自分にあったサイズ選び

オシャレなデザインを重視して箸を選ぶのも良いと思いますが、本当に選んだ箸が自分の身体に合っている事を確認して、箸の長さや重さを確認して、自分にとって扱いやすいサイズなのか調べておく事も大事なポイントです。

以外に見落としがちですが、自分の身体以外にも、自分が使っている「クッカー」等の道具にも、箸のサイズが合っているか調べておく必要はあります。

底が深いクッカーに、箸がクッカーの底まで届かなかったりすれば、食べにくくて仕方ありません。

丸型よりも四角、六角箸を選ぶ

キャンプでは不安定な場所も多いので、丸型箸は多少なりとも転がってしまう可能性がありますので、出来れば転がりにくい角がある箸をお勧めします。

箸の素材

ステンレス、チタン

丈夫な素材で出来ているので、持ち運ぶ時でも破損する心配なく持ち運ぶ事ができます。

キャンプでは肉料理を食べる事が多いかと思いますが、金属性の箸で食べたり調理したりすれば、炭や薪の火で燃える心配なく安心です。

洗えば何度でも使う事ができるので、自然を愛するキャンパーにはお勧めの箸だと思います。

しかし金属性の箸は、持ち運ぶ時に箸同士がぶつかる音がうるさかったり、肉の塊を切る時に箸で押さえた時に誤って箸を切り付けてしまって、ナイフと箸の両方を傷付けてしまう場合もありますので、気を付けなければなりません。

木材、竹

木材で作られてますが、割り箸とは違い丈夫な箸です。

木製の箸はキャンプのような、アウトドアの雰囲気にとても合っている箸です。

色々なデザインの箸が揃っいて、オシャレな箸が多いのも特徴です。

洗って何度も使う事ができますが、金属製の箸と違って耐久性が弱く、持って行く途中で壊れてしまう可能性があります。

金属性箸も木材性も、それぞれの良さがありますので、結局は自分に合った箸を選ぶのが一番かと思いますが、そんなに値段は高くない金属性、木製と両方の素材の箸を持って行くのが良いかと思います。

お勧め箸

キャプテンスタッグ バーベキュー用チタン箸

重量59gと軽く、チタン製なので丈夫な作りで、キャンプにも持ち運びやすい箸です。

チタン製は錆びる心配もなく、金やプラチナと同等の耐久性がありますので、一生使う事ができる箸でもあります。

形が円形なので転がる心配はあって、お値段も1600円程して少し高いですが、それ以外は問題なく使える箸です。

オシャレな収納ケースも付いていて、箸自体にkyaputentaguの文字がカッコ良く刻印されているので、見栄えも良く扱いやすい箸の一つです。

山登り アウトドア チタン箸

金属の箸で食事している時に、誤って箸をかじってしまうのが怖い。

そんな事を考えている方は、先端部分だけ木製になっていて、持つ部分が金属で出来ている組み立て式の箸もあります。

ネジにより繋げる事で、収納しやすい箸になっているので、普段の生活でも学校や会社のお弁当の時にも使える箸です。

TITECOUGO 純チタン角箸

滑り止めも付いて、重量約20g。

耐久性も強く錆びる心配もなく、無害な材質で安心です。

洗いやすく何度でもつかえる箸で、専用の収納袋も付いて999円とお買い得ではないでしょうか。

100均ショップにもある

やっぱりチタン製の箸を家族分揃えるのは大変だが、「割り箸でも食べるのも嫌だ」と思っている方もいるのではないでしょうか。

最近のキャンプブームによって、100均ショップにもキャンプグッズが多数販売されている事は皆さんご存知かと思います。

さすがに100円でかえるチタン製の箸は無いかと思いますが、ステンレス製の箸は販売されていますし、木製の箸なであればオシャレな箸が揃ってますので、他のキャンプ道具を揃える時と一緒に購入して頂ければと思います。

まとめ

キャンプで食べる肉料理もいいですが、麵類やご飯も最高に美味しいと思います。

どんな事にも言えると思いますが、良い道具というのは主役を引き立ててくれます。

皿と同じように、箸もキャンプの雰囲気に合った箸を選んで、オシャレな収納ケースから何気なく箸を取り出せば、ひと味違うキャンプ飯を楽しむ事ができると思います。

是非割り箸とかではなく、洗って何度でもつかえるオシャレな箸を使って頂き、真の自然を愛するキャンパーを目指してください。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました