冬キャンプで持っていく、お勧めストーブ【コレで暖をとる】

ギア

冬キャンプは、ベテランキャンパーの間では以前から人気がありしたが、最近のキャンプブームにより、冬キャンプの魅力に気づいたビギナーキャンパーの間でも、じわじわと人気が出てきました。

今回この記事では、冬キャンプに欠かせない暖房器具の定番でもある「ストーブ」を紹介したいと思います。

ストーブの良い所は暖房だけではなく、上に「ヤカン」をおいてお湯を沸かせば、加湿器代わりににもなるし、火力は弱いですが簡単な料理ができる事です。

ストーブはキャンプ以外でも、自宅でも普段から使う事ができるし、キャンプ専用で使うオシャレなストーブを購入するのも良いでしょう。

そんなストーブの魅力を紹介しつつ、皆さんのストーブ選びの参考に、少しでもなればと思います。

ストーブの種類

ストーブをキャンプで持っていきたいと思っても、種類が色々ありますので、何を購入するればいいのか迷ってしまうと思いますので、どんなストーブがあるのか少し紹介したいと思います。

石油ストーブ

皆さんも普段からよく見ていて、馴染み深いストーブだと思います。

石油ストーブは円柱型なので、熱が放射線状態に広がり広い範囲で暖められますので、大人数のキャンプに向いています。

色々あるストーブの中でも、石油ストーブがは火力が強いので、大人数のテントの中でも暖かく過ごす事ができます。

しかしストーブの燃料に灯油が必要となりますので、ストーブ本体も重いですが更に、灯油も持っていかなくてはならないので、荷物が増えてしまう事がデメリットかと思います。

ガスストーブ

軽量で形状も色々あり、オシャレなストーブも多いです。

カセットコンロが使えますので、燃料が手に入りやすいです。

すぐに暖かくなりますが、ガス缶がゴミになってしまう事と火力が弱いのがデメリットです。

しかし軽量でオシャレなストーブなので、ソロキャンプ向きかと思います。

薪ストーブ

木を燃やして暖まる薪ストーブですが、1番キャンプの醍醐味を感じる事ができて、かなり暖まる事ができるストーブと言えます。

ストーブの上での調理も火が直接当たる事で、幅広い調理もできます。

しかし、ストーブが暖かくなるまでに時間がかかりますし、ストーブのサイズが大きく持ち運びも大変であり、キャンプ上級者向きのストーブと言えます。

電気ストーブ

温度調節が簡単で、準備も簡単でキャンプ以外でも家庭で使う事もできて、おまけに軽量と良い事ばかりな気がしますが、電源が必要になりますし、他のストーブに比べると暖かさが弱いです。

キャンプ、お勧めストーブ

トヨトミ 対流型 石油ストーブ

オシャレなデザインなので、キャンプ以外でも全く違和感なく使えます。

燃費も良くて、点火中は40Wと明るいので、夜のテント内でランタンの代わりに使えるので、テント内を明るく照らしてくれます。

点火も消火もダイヤルを回すだけなので、とても簡単にできます。

スノーピーク グローストーブ(石油ストーブ)

小型ですが、鉄板を熱する遠赤外線方式で、高い暖房効果があります。

円筒状で広範囲に暖かくなり、暖房力としてはとても高く、一度使えば秋冬キャンプには欠かせない道具になりると思います。

イワタニ カセットガスストーブ デカ暖

国内有名ブランドメーカー「イワタニ」のガスストーブです。

カセットコンロが燃料なので、とても軽量で扱いやすいストーブです。

石油ストーブに比べてパワーも燃焼時間も劣りますが、上級者の真冬のキャンプでは物足りないですが、それ以外のキャンプであれば充分に使う事ができます。

ホンマ製作所 クッキングストーブ(薪ストーブ)

えんとつが伸びた薪ストーブで、グリーンを基調としたデザインが、一層キャンプらしさを演出してくれます。

薪ストーブの良い所は、身体の芯から暖まる事ができて、ストーブを使った幅広い調理が出来る事です。

煮る、焼く以外にもオーブンや燻製料理までも可能です。

火に癒される体験ができるのも、薪ストーブの醍醐味だと思います。

お勧めストーブ まとめ

最初の頃はストーブを購入しようと思っても、種類の多さに迷ってしまうと思いますので、もう少し簡単にまとめました。

・普段から使い慣れ無難にキャンプを過ごしたい方は「石油ストーブ」か「ガスストーブ」。

・そんなに寒い時期にキャンプに行く事はなくて、電源があるキャンプ場に行く方は「電気ストーブ」。

・ガッツリと冬キャンプを楽しみたいし、普段の生活では味わえない体験をしたい方は「薪ストーブ」。

あくまでもわたくしの主観ですが、こんな感じかと思います。

そして火を扱っている事を忘れず、火災や換気する事には充分に注意して、冬キャンプを楽しんで下さい。

以上を参考にして、「自分の目指す」「自分のキャンプスタイル」に合った自分だけのストーブを見つけて、冬キャンプを楽しで下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました