キャンプに持って行きたい、お勧めテント

初心者

皆さんがキャンプで道具で最初に思い浮かび、絶対に外せないと思えるキャンプ道具がテントではないでしょうか。

テントはキャンプ道具の中でも高価な部類に入りますので、絶対にテント選びには失敗したくない事と思います。

そんな方々のために、この記事ではソロキャンプ用のテントを紹介する事により、少しでも皆さんのテント選びの参考にして頂ければと思います。

テントの種類は多数ありますが、選ぶ時の共通しているポイントとして「前室(リビング)」があり、その部分にタープを設置できるスペースがあるテントを選ぶ事をお勧めします。

そして夜寝る時には、キャンプ道具を外に出たままにする事なく、テントの中へ入れる事になると思いますので、テント内には荷物スペースを確保する事を想定して、人数よりも「一人分大きめ」のテントを購入することをお勧めします。

出入口が二箇所あるタイプを選べば、荷物の出し入れもスムーズになり快適なキャンプを過す事ができます。

そして一口にテントと言っても何種類かありますので、ここでは代表的な四種類を紹介しますので参考にして頂ければと思います。

人気のテント種類

ドーム型

最もオーソドックスでテント内も広く、キャンプ好きの人達からも人気が高く、最も種類が多く揃っています。

二本の骨組みからなるダブル構造は風に強く、更にテント内も広くて設営も簡単なので、初心者の方でも安心して利用する事ができます。

収納にも優れ持ち運びやすく、ベテランキャンパーの間でも広く愛用されています。

ワンポール型

テントの中心に長いポールを立てて横に広がるスタイルです。

見た目がオシャレで設営はドーム型テントよりも簡単なので、キャンプ女子に人気があります。

テントの中心部分が高いので、天井がとても高く横に広がるほど低く狭くなっていきます。

四角錘、六角錘タイプがのテントが主流で錘形状なので風に強く、雪も積もりにくく雨にも強いです。

ワンタッチ型

名前から簡単に設置ができる事がわかるほど、ワンタッチで設営できます。

値段もお手頃価格に購入できて、オシャレなデザインも多く、キャンプ以外でも運動会や川遊び等のちょっとしたお出掛けの時にも手軽に利用できます。

通常テントはインナーシート、フライシートと二重構造(ダブルウオール)になっている事により雨にも強いですが、ワンタッチ型テントはフライシートが無いので、雨や寒さには弱いという弱点があります。

パップテント

軍隊使用のテントなので特に耐久性を重視した構造で、男臭い無骨なデザインが逆にオシャレを感じさせます。

ドーム型テントとワンポール型テントのいい所取りしたテントで、二本のポールから組立てるテントは高さもあり、テントの中も広い構造になっています。

設営しやすく丈夫で耐火性、防水性は高いテントですが、屋根が広い構造から強い雨だと雨水が貯まりやすく、雨漏りしやすいという弱点があります。

更に地面を覆う部分のシートが付いていないタイプも多いので注意が必要です。

テント選び注意点

テントの種類が多くて、『どんなテントを選んだらいいのか迷ってしまう。』

そのように思っている方に、テント選びの注意点を纏めてみたので参考にして頂き、皆さんのスタイルに合ったテント選びに役立てればと思います。

人数(何人用)選び

一人で利用するからといって、うっかり商品の表示を見る事なく一人用テントを選んでしまうと、荷物を置いたりするスペースが無くなり、少し狭く感じるかとおもいます。

収納スペースを考えて、プラス1人分サイズのテントを選べば快適なキャンプを過ごせるかとおもいます。

耐水圧

雨水がテントに浸み込んでくる事を防ぐ耐水圧ですが、一般的な傘で300mm程度ですが、キャンプ中に雨が降ると一晩中雨にさらされる事となるので、1500mmの耐水圧があれば強い雨に耐える事ができて安心です。

余りにも高い耐水圧を持つテントを購入する必要は無いかと思います。

余程熟練されたキャンパー以外は、強い雨の日にキャンプに出掛ける事はないと思いますので1500mmあれば充分だと思います。

更にシングルウオールではなくダブルウオールタイプであれば更に安心です。

防水、防湿機能

防水性に優れたポリエステル製は撥水効果も高く軽量で持ち運びやすく値段も比較的安いです。

コットン素材は耐火性に優れていますが、耐水圧が低い傾向にあります。

夏場の暑い季節はメッシュ地のインナーテントがあれば、通気性もよく涼しくなり虫の侵入も防いでくれます。

テントの素材

ナイロン 

比較的耐久性が強く、しかも軽くて丈夫な所が特徴です。

しかし紫外線や防水面に弱いので選ぶ時には、特殊な加工が施されているのかの確認が必要になります。

ポリエステル

テントの素材としては最もポピュラーな生地の素材です。

紫外線に比較的強く、防水面でも水を吸いにくいのでカビにも強いですが、耐火性が弱く焚き火の日の粉には注意が必要です。。

コットン

天然素材のコットン綿を使用していて、オシャレなデザインが多く女性から人気が高いです。

丈夫な上に耐火性も強く、夏は涼しくて冬は暖かいとい魅力がありますが、高い吸湿性があるのでカビやすい弱点があるので、使用後はしっかりと乾かして下さい。

ポリコットン

ポリエステルとコットンを併せた素材で両方の長所であるポリコットンは軽量で耐火に優れカビにくいですが、防水性が弱いです。

人気テント

コールマンテント ツーリングドーム

Amazon人気ランキング上位に入る程の人気商品です。

重量5.2㎏と軽く持ち運びやすく、収納時も50センチ以下のコンパクトサイズです。

フライシートで前室も作る事ができて、風に強い構造になっていて撥水力も高いです。

別売りのキャノビー(日陰)をつければ、テント前室も日陰対策になり快適なキャンプをすごせます。

GEERTOP テント

重量2.9キロ、収納時は44センチとかなりの収納力を持ち、季節のい関係なく4シーズンに対応できるソロキャンプ向きのテントです。

通気性に優れていて防水性も高く、値段も一万円以下のお手頃価格です。

一人キャンプで利用すれば、内部も広く感じるテントです。

BUNDOK ソロベース パップテント

重量4.4キロ 収納時40センチのコンパクトサイズ。

パップテントなのでテント設置時の横幅は190センチになりますので、テント内はかなりの広さです。

広いだけではなく、撥水性に優れ更に火の粉にも強いです。

お勧めテント まとめ

テントの種類や素材、性能とテント選びのポイントをお伝えしてきましたが、これらの情報を少しでも参考にして頂き、自分のキャンプスタイル合ったテントを選んで下さい。

テント使用後は完全に乾かしてから、収納袋に入れないとカビが発生したりしますので、しっかりと乾かす今年を忘れないで下さい。

天日干しする時は、紫外線に強いポリエステルであれば問題無いですが、紫外線に弱いナイロン素材の場合部屋干しをお勧めします。

手入れをしっかり行えば、テントはかなり長持ちしますし、長い間テントを買い替える必要もなくなりますので、手入れはしっかりと行って下さい。

お気に入りのテントを選べば、キャンプの時にテントで寝る事が楽しみになるはずです。

皆さんも自分だけのお気に入りテントを購入してください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました